新終活

医療
会社を卒業した今だから、健康診断忘れずに

今日、自治体の婦人科検診を受診してきました。 マンモグラフィー、痛い!泣きそう!正直なところを言えば、マンモグラフィーは受けたくない。できればエコーだけで終わらせたい。でも、マンモグラフィーとエコーでは、発見できる種類が […]

続きを読む
医療
かかりつけ薬局の必要性を信じてきたけれど、本当にそうだろうか…

おかげさまで健康なので、お医者さんに診てもらう機会は、あまり多くない。 それでも、怪我をして整形外科に行くことはあるし、歯医者さんにも行くし、耳鼻科に行ったり、風邪をひいて内科に行ったりすることはある。 かつては、そこで […]

続きを読む
家族葬を終えたあとのご近所への挨拶と、そこから思うこと ~うちの場合~

家族葬にすることをどうやってお知らせしたらいいか―ーーそういうことはネット上にいっぱい出てくるのですが、 家族葬が終わったことをどうやってお知らせしたらいいのかーーーそういうことは、調べてもなかなか出てきません。 今や、 […]

続きを読む
My favorite person
83歳のこれからの選択 まだこれからやりたいことがあるから…急がないと。

半年くらい前に、大阪から東京に移り住んできた83歳の女性に出会いました。 彼女は、お連れ合いを送ってからは、大阪の戸建てで一人暮らしをしていました。 息子さんがふたりいて、どちらも東京に住んでいます。 お母さん、いいとこ […]

続きを読む
働き方
介護が一段落し、60歳超えてから始めたシフォンケーキ屋さん

自宅を「みんなの家」として住み開きした笑恵館という場所があります。 そこでは、みんなで一緒にご飯を食べたり、おしゃべりしたり、いろんな勉強会やイベント、ワークショップが開かれていたり、地場野菜を販売していたり・・・。 毎 […]

続きを読む
葬儀のあれこれ「終活を知ってみよう会」で語り合ったこと

毎月第4木曜日、終活について学んだり語り合ったりする会を行っています。 「終活を知ってみよう会」という名称で、スタートしてから3年になります。 場所は東京・世田谷区。 笑恵館という住み開きをしている場所で、オーナーの田名 […]

続きを読む
新終活
自治体主催の終活講座、初めてのオンライン

あちこちで開かれる終活講座に呼ばれて、高齢者を対象にお話をする機会が少なくありません。 しかし、昨年2月以降、コロナ感染防止のため、次々と講座開催が中止になりました。 自治体が行う終活講座は市民対象で、来場者のほとんどが […]

続きを読む
医療
当たり前のように言われる「延命治療の拒否」。どんなにわかっているつもりでも、その場の家族の思いはそう簡単ではない

超高齢社会になり、「延命治療はお断り」と言う人が多くなってきました。 医療で無理やり生かされるのはイヤだ、 老いの自然な進行であるなら、家族としてもそのまま自然な形で眠るように逝かせてやりたい、 そういう声は決して少なく […]

続きを読む
新終活
最後の晩餐は好きなものを? でも歳をとると食べものの好みが変わる?

日本マクドナルドの藤田元社長は 「人間は12歳のときに食べていたものを死ぬまで食べていく。それをおふくろの味と称している」 と言いました。 でも、 「40歳になったら舌が変わり、日本食が好きになるんだ」 と言ったのがモス […]

続きを読む
私の「かかりつけ医」探し、進行中

会社員なら健康診断は義務。 忙しくても、ちゃんと受けるようにと催促が入ります。 でも個人事業主の私は国民健康保険なので、健康診断は自治体(区)からのお知らせで自ら受けに行く形。 忙しいとつい忘れてしまうし、どうしても後回 […]

続きを読む