新終活

老親との関わり
老親介護問題その2 子ども同士、兄弟姉妹で分担し合えるかが問題

老親介護は、子どもが同居しているのか、離れて暮らしているのか。離れて暮らしているにしても、近くにいるのか、遠くなのか、によって、事情は変わります。 でもそれ以上に大きいなと思うのは、子どもがひとりっ子なのか、兄弟姉妹がい […]

続きを読む
新終活
訃報を知らせる喪中ハガキで

毎日のように、年賀欠礼の喪中ハガキが届くようになる今の時期。 我が家も今年、1月に父を見送ったので年賀欠礼の喪中ハガキを出さねばなりません。私の年賀状の宛先に出すのもそうなんですが、気になっていたのは両親がこれまで年賀状 […]

続きを読む
地域の終活カフェで聞いた、海洋散骨への感想

いろいろな場所で終活関連のお話をする機会があります。 今日は終活カフェ梅丘(※下記参照)の日。テーマは海洋散骨。終活全般、健康のこと、お片づけ、葬儀、相続、お墓等々、毎回テーマを設定して開催し、その場で学んだり、情報を共 […]

続きを読む
医療
会社を卒業した今だから、健康診断忘れずに

今日、自治体の婦人科検診を受診してきました。 マンモグラフィー、痛い!泣きそう!正直なところを言えば、マンモグラフィーは受けたくない。できればエコーだけで終わらせたい。でも、マンモグラフィーとエコーでは、発見できる種類が […]

続きを読む
医療
かかりつけ薬局の必要性を信じてきたけれど、本当にそうだろうか…

おかげさまで健康なので、お医者さんに診てもらう機会は、あまり多くない。 それでも、怪我をして整形外科に行くことはあるし、歯医者さんにも行くし、耳鼻科に行ったり、風邪をひいて内科に行ったりすることはある。 かつては、そこで […]

続きを読む
家族葬を終えたあとのご近所への挨拶と、そこから思うこと ~うちの場合~

家族葬にすることをどうやってお知らせしたらいいか―ーーそういうことはネット上にいっぱい出てくるのですが、 家族葬が終わったことをどうやってお知らせしたらいいのかーーーそういうことは、調べてもなかなか出てきません。 今や、 […]

続きを読む
My favorite person
83歳のこれからの選択 まだこれからやりたいことがあるから…急がないと。

半年くらい前に、大阪から東京に移り住んできた83歳の女性に出会いました。 彼女は、お連れ合いを送ってからは、大阪の戸建てで一人暮らしをしていました。 息子さんがふたりいて、どちらも東京に住んでいます。 お母さん、いいとこ […]

続きを読む
働き方
介護が一段落し、60歳超えてから始めたシフォンケーキ屋さん

自宅を「みんなの家」として住み開きした笑恵館という場所があります。 そこでは、みんなで一緒にご飯を食べたり、おしゃべりしたり、いろんな勉強会やイベント、ワークショップが開かれていたり、地場野菜を販売していたり・・・。 毎 […]

続きを読む
葬儀のあれこれ「終活を知ってみよう会」で語り合ったこと

毎月第4木曜日、終活について学んだり語り合ったりする会を行っています。 「終活を知ってみよう会」という名称で、スタートしてから3年になります。 場所は東京・世田谷区。 笑恵館という住み開きをしている場所で、オーナーの田名 […]

続きを読む
新終活
自治体主催の終活講座、初めてのオンライン

あちこちで開かれる終活講座に呼ばれて、高齢者を対象にお話をする機会が少なくありません。 しかし、昨年2月以降、コロナ感染防止のため、次々と講座開催が中止になりました。 自治体が行う終活講座は市民対象で、来場者のほとんどが […]

続きを読む